[Miniロボ] ピンポンシューター

的をめがけてピンポン玉をシュート!

今回は2台を使ってロボットづくり
シューターロボにチャレンジしました

前回学んだライントレースと組み合わせて、走らせながらシューティングしていきます

シューターロボ

ロボットの仕組みはシンプルなゴム動力です
反動を活かしてピンポン玉を打ち出しています

組み立て手順は60近くあるので、けっこう大変です
完成に45分くらいかかりました

ライントレース

これは前回の復習から

分岐処理を使って、ロボットが自動で左右どちらに進むかを判断しています
ライントレースの基本「ON-OFF制御」です

ロボットの動きを確かめたらプログラミング

そして今回はライントレースを「いつやめるか」を追加しました
処理にかかる時間を利用したテクニックです

チャレンジ

ピンポン玉や打ち出し部分はガッチリ固定されていないので、飛んでいく方向はまちまち…
角度やプログラムを調整して何度もチャレンジです

次回はライントレース+シューターロボでミニ競技にチャレンジしていきます!

コメントを残す

*