小中学生ロボット競技会「WRO Japan2014熊本大会」を開催しました:NPO法人 HITOプロジェクト

NPO法人 HITOプロジェクト

TOP > WRO Japan > 小中学生ロボット競技会「WRO Japan2014熊本大会」を開催しました

小中学生ロボット競技会「WRO Japan2014熊本大会」を開催しました

目指せ全国、小中学生ロボット競技会

世界の小中高校生による国際ロボット競技会「WRO」の熊本地区予選会「WRO Japan2014熊本大会」を開催いたします。

今年のテーマは宇宙!
小学生はロケットの発射準備、中学生は衛星軌道の宇宙ゴミ回収が課題です。
入場無料、見学自由。小中学生の熱き戦いをどうぞご覧ください。
※熊本地区では小学生部門・中学生部門のみの開催です。

◆開催概要
日 時:2014年8月24日(日) 13:00開始予定
会 場:熊本大学 工学部研究棟Ⅳ(旧工学部9号館) 熊本市中央区黒髪2丁目39-1
対 象:小学生部門 熊本県内の小学校在籍の小学生
      中学生部門 熊本県内の中学校在籍の中学生
     1チーム/生徒2~3名および保護者(成人)1名
参加費:1チーム1,000円(傷害保険料等)
      ※参加には事前の申込みが必要です

◆主催、共催等
主 催:WRO Japan2014熊本大会実行委員会
共 催:熊本大学工学部、東海大学熊本キャンパス、NPO法人HITOプロジェクト
後 援:熊本県教育委員会、熊本県PTA連合会、熊本市、熊本市教育委員会、熊本市PTA協議会、熊本市子ども会育成協議会、熊本県工業連合会、くまもと技術革新・融合研究会、熊本日日新聞社 ※順不同

WRO Japan2014熊本大会_compressed.jpg

◆フライヤー
フライヤー_WRO Japan2014熊本大会.pdf[2.87MB]

◆競技趣旨
 マイコンやセンサーを搭載し、プログラミングにより自走する自律型ロボット教材「レゴマインドストーム」でロボットおよびプログラムを自作し、コースを走行する競技にチャレンジします。
 競技コースには様々な障害物やミッションが用意されており、それらをクリアしていくことで加算される得点と走行タイムで勝負を競います。

◆WROとは?
 世界44カ国から小中高生が参加する自律型ロボットによる自動制御技術を競う国際ロボットコンテストです。シンガポール国立サイエンスセンターの発案で2004年にスタートしたこのコンテストは、科学技術を身近に体験できるとともに、青少年の創造性と問題解決能力の育成を図り、国際交流も行われる場を提供するために毎年開催されています。

◆競技ルール
熊本大会共通ルールv1.0_WRO Japan2014熊本大会.pdf
熊本大会-小学生部門ルールv1.0_WRO Japan2014熊本大会.pdf
熊本大会-中学生部門ルールv1.2_WRO Japan2014熊本大会.pdf

◆会場地図
熊本大学敷地内の地図です。会場と駐車場をご確認ください。
熊本大学工学部キャンパス敷地図[20140711]_WRO Japan2014熊本大会.jpg

会場へのアクセスは熊本大学様のホームページをご覧ください。
http://www.kumamoto-u.ac.jp/campusjouhou

----------------------------------------------------------------------
以下は決勝大会、国際大会のご案内です。

◆決勝大会
国内公認予選会から選抜されたチームによる競技会です。
WRO2014国際大会に挑戦する代表チームを選出します。
日 時:2014年9月21日(日)
会 場:神奈川工科大学(神奈川県厚木市)
 
◆国際大会
各国より選抜された代表200チームが出場する競技会です。
教育的なロボット競技への挑戦を通じて、子どもたちの創造性と問題解決力を育成します。
日 時:2014年11月21日~23日(金~日)
場 所:ロシア ソチ

2014年7月11日 12:48 | WRO Japan | TOP