WRO Japan2015決勝大会 小学生チームダブル受賞!審査員特別賞、最優秀プレゼン賞:NPO法人 HITOプロジェクト

NPO法人 HITOプロジェクト

TOP > WRO Japan > WRO Japan2015決勝大会 小学生チームダブル受賞!審査員特別賞、最優秀プレゼン賞

WRO Japan2015決勝大会 小学生チームダブル受賞!審査員特別賞、最優秀プレゼン賞

シルバーウィーク真っ只中の平成27年9月20日(日)に、東京で世界への
挑戦権を賭けた国際ロボット競技会日本国内決勝「WRO Japan2015決勝大会」が
開催されました。

参加選手_WRO Japan2015決勝大会.jpg 表彰式_WRO Japan2015決勝大会.jpg

熊本からは8月23日の熊本大会で選抜された小中学生各1チームが出場しました。
会場はBumB東京スポーツ文化館。
小学生から大学生まで全国34予選会から選抜された各部門総勢450名程の選手が
出場します。

大きく分けて競技と展示・パフォーマンスの部門で分かれ、競技部門は
更にその中で国際大会のある上級(エキスパート)と大学生のユニバーシティや
国際大会がない中級(パイロット)、初級(ベーシック)に分かれます。
熊本からは両チームとも上級のエキスパート競技へのチャレンジです。

結果は、小学生チーム(御船町の6年生ペア)が「審査員特別賞」、
そして「最優秀プレゼン賞」と熊本初のダブルで受賞することができました!

プレゼンは審査員数名に、ロボットやプログラムの特徴とチーム紹介を3分間、
質疑応答を3分間で合計6分間で行うものです。
事前にプレゼンシートというものを作り、それに基づいてプレゼンをします。
最優秀賞受賞チームのプレゼンシートは翌年の決勝大会ホームページで
公開される予定です。

残念ながら競技入賞ではないため国際大会への選抜とはなりませんでしたが、
小学生は競技でも4位と健闘しました。
熊本の子どもたちは中学生が練習では連続満点を出し、小学生も一番に
当日発表のサプライズルールに対応するなど全国でも充分戦えるレベルに
なってきています。

またこれから来年に向けて全国、そして世界を目指して夢とチャレンジする
心を持って取り組んでいきます!

会場_WRO Japan2015決勝大会.jpg 小学生競技-2_WRO Japan2015決勝大会.jpg 小学生プレゼン_WRO Japan2015決勝大会.jpg

◆競技結果
出場チーム数は出場した部門(上級のエキスパート競技)のみ記載する。
【小学生部門 エキスパート競技】 出場13チーム
MIFUNE・K&K  競技4位、審査員特別賞、最優秀プレゼン賞
(御船町立木倉小学校 6年、御船町立御船小学校 6年)

【中学生部門 エキスパート競技】 出場14チーム
KKR & HBK  競技8位
(八代市立第四中学校 2年、八代市立第四中学校 1年)

2015年10月14日 22:49 | WRO Japan | TOP