体験会情報 ロボロボブログへ

let's go lobot、つくる、遊ぶ、学ぶ

ロボットとプログラム

ブロックパーツからロボットをつくって、動かして、楽しみながら学ぼう!
小学3年生からのロボット・プログラミングです。

近年注目されるプログラミング教育。
「論理的思考力や問題解決力などの能力向上」、「工学に興味をもってもらい知的好奇心を刺激する」など青少年の人材育成を目指します。

つくって学ぶ、ブロックベースの安全ロボットでつくって壊してトライ

ロボットづくりにチャレンジ

ブロック玩具がベースのロボットなので、何度もつくって壊してしやすい教材です。
また、工具を一切使わないので安全に扱うことができます。

タイヤ付きのロボットをつくり、タッチセンサーやカラーセンサーなどのセンサーデバイスも搭載します。
そして、歯車(ギア)を組み合わせてつかむ「アームロボ」や、持ち上げる「フォークリフトロボ」などもつくります。

動かして学ぶ、かんたんアプリでプログラミングして結果がすぐわかる

プログラミングにチャレンジ

マウス操作で命令アイコンを並べるかんたんアプリなので初めてでも学ぶことができます。
パソコンに不慣れでもプログラミングが可能です。

ロボットの制御を通して、プログラミングの基本的な処理や構造などを学びます。
そして、黒線を自動でたどる「ライントレース」や、カベにぶつからない「自動ブレーキ」などのプログラムにも取り組みます。

遊んで学ぶ、試行錯誤や工夫も楽しめて何度でも課題に取り組める

課題にチャレンジ

毎回学習するだけでなく、その日に学んだことを活かして様々な課題にチャレンジします。
遊び感覚で楽しくチャレンジできるので、トライ&エラーのくり返しから試行錯誤する姿勢を身につけます。

「ブロックを運ぶ」、「最短手順でクリアする」、「ピンポン玉を飛ばして入れる」などロボットもプログラムもひと工夫が必要な課題を通して、論理的思考力や問題解決力を育みます。

ロボコンにもトライ、成果発表の場もあるので競いあったり学習動機にもつながる

ロボコンにチャレンジ

自分でつくったロボットとプログラムで競技にもチャレンジします。 ミッションをクリアするためにはまず考えて試作し、テスト走行や調整をくり返し行います。 そこで、失敗の原因を正しく分析し、的確に修正することが求められます。

学習してきたことをアウトプットすることで、より理解を深めることができるほか、ライバルたちと競うことで学習意欲を高めたり、学習成果を披露する機会にもなります。

チャレンジ一覧

自動で線をたどる「ライントレース」

ロボットが自動で黒線をたどって走行する制御プログラムです。
光を照射し、ものの色や明度を測る「カラーセンサー」を使います。

線と床の色のちがいを読み取って、線に沿って走るようにモーターパワーを制御して動かします。

制御の基本がつまっているので、ロボット競技でも使われる技術です。
しっかりロボットが線の上を走れるか!?

つかんだり持ち上げる「アームロボ」

ものをつかんだり、持ち上げるアームを搭載したロボットです。
ギアをうまく組み合わせることで「つかむ」動きを実現します。

また、ギアをつなぎあわせて軸の回転方向を変えることで、「つかむ」と「持ち上げる」の異なる2つの動きをさせることもできます。

うまくつかめんだり持ち上げるロボットがつくれるか!?
※動画のアームはつかむ動きのみです

自分で操縦する「リモコンロボ」

ロボットにつないだボタン(タッチセンサー)で操縦するプログラムです。
押すボタンの組み合わせで、いくつかの動きをプログラミングします。

基本的な処理がいくつも含まれていたり、同じような動きでもちがう方法で実装できるので、プログラムの処理の流れを学習します。

狙いどおりにロボットを操縦できるか!?

その他のロボットやプログラム

これ以外でも色んなロボットやプログラムにチャレンジします。
「カベにぶつからない自動ブレーキロボ」、「ピンポン玉を飛ばすシューターロボ」などもあります。詳しくはYouTubeをご覧ください。

YouTube

プログラミング教育

普段の学習とちがった成長を見ることが期待でき、その成果はこれから社会で活躍するために必要な「21世紀型能力」と言われています

論理的思考力

プログラミングでは、狙いどおりの結果を出すために「何を」、「どれくらい」、「どの順番で」ということを正しくもれなく命令していく必要があります。

そのためには、物事を細分化しながら順序どおりに考えるという過程があり、そこで論理的に考えることができる思考力を育みます。

問題解決能力

課題へのチャレンジでは、何度もチャレンジと失敗をしながら少しずつ問題点を見つけて修正して試行錯誤を行います。

その「アイデアを考える、試走させる、結果を見直す、改善をする」というサイクルをくり返すことで、答えのない問題に対して自ら問題を解決する力と物事の進めかたを学びます。

その他

ほかにも創造力や主体性、学習意欲、情報利活用能力などの向上が期待できるともいわれています。

また、工学分野への進路選択の参考になったり、卒業生が地域貢献活動で一緒に子どもたちを指導したりと活躍の場が広がってきています。

ロボットのメリット

ロボットを使ったプログラミング教育では、次のようなメリットがあります。

  • 自分でつくって自分で動かすので興味を湧かせやすい
  • 現実空間で動くのでプログラムの結果がわかりやすい
  • コンピューターを使うだけじゃなく手や指を動かしてモノをつくる
  • 「ロボットをつくる × プログラムで動かす」なので組合せが無限大
  • ロボコンなど目標があるので、ライバルたちと競い合ったり学習成果を披露したりできる
  • 「距離」や「角度」がロボットの動きでわかるので、数の感覚を育める

また、ロボットづくりでは立体的に組み合わせ方を考えたり、課題ではフィールド全体の位置関係を把握しながらプログラムを考えるので、空間認識能力も必要になります。

そして、プログラムは基本的な処理からすこしずつ学んでいくので、初めてのチャレンジに向いています。

半年講座(全18回)

次期を9月スタート予定です。
詳しくは下記のチラシをご覧ください。
お申込みは体験会参加後にご案内いたします。

チラシ

2022年の先行予約
2022年3-4月スタート予定(日曜10:00-12:00)です。
先行予約の方は優先的にご案内かつ特典あり!
※先行予約は1度のみとさせていただきます。

体験会

※先着順です。締切は各開催日の2日前19時です。
※お申込みは下記「体験会予約」からどうぞ。

体験会について

会場
NPO法人HITOプロジェクト
住所:熊本市中央区坪井2丁目2-42 ニュー広町ビル1階
Googleマップ
対象
小学3-5年生 定員:各回4名
ご注意
  • お申込みにはメールアドレスが必要です。
  • 参加にあたりマスクをご着用ください。その他お持ちいただくものはございません。
  • 駐車場や駐輪場はございません。近隣のコインパーキングをご利用ください。
  • 体験会は保護者さまのご同伴が必須です。

LINEでの連絡をご希望の方
1. お申込みフォームで体験会の申込みをする
2. LINEでHITOプロジェクトを友だち登録する
3. LINEでメッセージを送る
※お名前と「LEGOROBO体験会に申込みました」とお送りください。