体験会情報 ロボロボブログへ

Let's Go Robot、つくる、遊ぶ、学ぶ

ロボットとプログラム

低学年でもかんたんプログラミング
ブロックパーツからロボットをつくる、パソコンからプログラミング、ミニロボットを動かして学ぼう!

近年注目されるプログラミング教育。
「論理的思考力や問題解決力などの能力向上」、「工学に興味をもってもらい知的好奇心を刺激する」など青少年の人材育成を目指します。

つくって学ぶ、工具不要のブロックロボットで働く車をつくってみよう

ロボットづくりにチャレンジ

小型ロボットとブロックパーツで組み立てていくので、低学年でも安全で扱いやすい教材を使用します。
子どもにもなじみのある親しみやすいロボットです。

また、扱いやすいだけでなく、いろいろ仕組みをつくることができるので、「ブルドーザー」、「ダンプカー」、「高所作業車」などのはたらく車をつくります。

動かして学ぶ、マウスでできる簡単アプリでプログラミングの基本を学ぶ

プログラミングにチャレンジ

マウス操作で命令アイコンを並べるかんたんアプリです。パソコンに不慣れでもプログラミングすることが可能です。

ロボットを動かしながら、プログラミングの基本的な処理の流れを学びます。
Miniロボには「光センサー」や「赤外線センサー」が搭載されているので、それらのセンサーデバイスを制御するプログラムにも取り組みます。

遊んで学ぶ、ゲーム感覚でトライ&エラーしながら楽しく課題にチャレンジ

課題にチャレンジ

毎回、その日に学んだことを活かして様々な課題にチャレンジします。 ただ学習するだけでなく遊んでいるような感覚で楽しくチャレンジできるので、トライ&エラーをくり返しながら試行錯誤する姿勢を身につけます。

また、課題をクリアするためには、必要な処理を正しい順序で組むこと、失敗から原因を分析して修正することが求められるので、論理的思考力や問題解決力を育みます。

チャレンジ一覧

授業中の様子

ある1日の風景です。毎回、ロボットをつくり、プログラムを学び、課題にチャレンジするという流れです。
楽しそうにチャレンジする子どもたちの様子をどうぞご覧ください。

バケットで押す「ブルドーザーロボ」

バケット(先についたかご)でブロックなどを押していくロボットです。
バケットは「リンク機構」を使っており、上下に動きます。

ドラムで巻きあげ「クレーンロボ」

ウインチ(ドラムなどでロープをまく仕組み)を搭載したロボットです。
手動ですが、先についたフックでものを持ち上げることができます。

走ってゴミを回収「おそうじロボ」

※継続コースでチャレンジ

ローターを回してゴミを回収するロボットです。
2台のロボットをつないで動かしています。

ピンポンを発射「シューターロボ」

※継続コースでチャレンジ

ゴム動力でピンポン玉をとばすロボットです。
土台のロボットは、「ライントレース」という自動で黒線をたどる制御プログラムを使っています。

その他のロボットやプログラム

これ以外でも色んなロボットやプログラムにチャレンジします。
はしごが伸びる「はしご車ロボ」、ブロックをつかむ「アームロボ」などもあります。詳しくはYouTubeをご覧ください。

YouTube

プログラミング教育

普段の学習とちがった成長を見ることが期待でき、その成果はこれから社会で活躍するために必要な「21世紀型能力」と言われています

論理的思考力

プログラミングでは、狙いどおりの結果を出すために「何を」、「どれくらい」、「どの順番で」ということを正しくもれなく命令していく必要があります。

そのためには、物事を細分化しながら順序どおりに考えるという過程があり、そこで論理的に考えることができる思考力を育みます。

問題解決能力

課題へのチャレンジでは、何度もチャレンジと失敗をしながら少しずつ問題点を見つけて修正して試行錯誤を行います。

その「アイデアを考える、試走させる、結果を見直す、改善をする」というサイクルをくり返すことで、答えのない問題に対して自ら問題を解決する力と物事の進めかたを学びます。

その他

ほかにも創造力や主体性、学習意欲、情報利活用能力などの向上が期待できるともいわれています。

また、工学分野への進路選択の参考になったり、卒業生が地域貢献活動で一緒に子どもたちを指導したりと活躍の場が広がってきています。

ロボットのメリット

ロボットを使ったプログラミング教育では、次のようなメリットがあります。

  • 自分でつくって自分で動かすので興味を湧かせやすい
  • 現実空間で動くのでプログラムの結果がわかりやすい
  • コンピューターを使うだけじゃなく手や指を動かしてモノをつくる
  • 「ロボットをつくる × プログラムで動かす」なので組合せが無限大
  • 「距離」や「角度」がロボットの動きでわかるので、数の感覚を育める

更に、継続して3年生以上のクラスになると、ロボコンにも出場できるので、ライバルたちと競い合ったり学習成果を披露する機会があります。

また、ロボットづくりでは立体的に組み合わせ方を考えたり、課題ではフィールド全体の位置関係を把握しながらプログラムを考えるので、空間認識能力も必要になります。

そして、プログラムは基本的な処理からすこしずつ学んでいくので、初めてのチャレンジに向いています。

体験会

[オンライン講座をご希望の方]
下記のお申込みフォームより体験会の希望曜日をお送りください。
事務局より確認後、候補日を設定してご案内いたします。
※体験会はご来場いただきます

[通常講座(来場型)をご希望の方]
現在募集中の体験会はありません。
次回は8月頃を予定しております。

体験会について

会場
NPO法人HITOプロジェクト
住所:熊本市中央区坪井2丁目2-42 ニュー広町ビル1階
Googleマップ
対象
小学1-2年生 定員:各回4名
ご注意
  • お申込みにはメールアドレスが必要です。
  • 参加にあたりマスクをご着用ください。
  • 駐車場や駐輪場はございません。近隣のコインパーキングをご利用ください。
  • 体験会は保護者さまのご同伴が必須です。

LINEでの連絡をご希望の方
1. お申込みフォームで体験会の申込みをする
2. HITOプロジェクトを友だち登録する
3. LINEでメッセージを送る
※お名前と「Miniロボ体験会に申込みました」とお送りください。

全12回講座

チラシ

詳しくは上のチラシをご覧ください。
※終了後は半年間の継続コースがございます。
※オンライン講座は随時受付いたします。